あんしん委員会

安心・安全なまちづくりを目指し、各年度の事業計画及び委員会に於いて検討した事項に基づき活動して行きます。

平成30年度 あんしん委員会

1.会議日程

  委員会開催日程      毎月第2木曜日 19:00~21:00
  プロジェクトチーム会議  毎月第1水曜日 10:00〜12:00

2.役 割

  委員長:岡野 隼晴     副委員長:小野 理江子
  議事録作成:志明野 繁樹  広報担当:高阪 正雄

3.平成30年度 事業計画

 昨年度の事業活動を継続し、地域の防災・防犯に取り組む活動を実施して行きます。
 地域住民の意識づけ、参加型の活動を主眼に声掛けをおこなっていきます。

 ①.防災対策
  1.伊勢市防災センター見学会(伊勢市消防署含む)
  2.神戸震災記念館等への研修・見学会
  3.防災ニュースの発行
  4.防災講演会の開催
  5.避難所運営についての検討

 ②.防犯対策
  1.高齢者向けあんぜん講習会(自治会への出前講習会含む)
  2.AED講習会(AED設備の使用を自治会員が体験)
  3.通学路危険個所の見直し(パンダマークシールの貼替・新規貼付含む)
  4.見守りパトロール隊の検討(やさしさ委員会との連携)

4.平成29年度事業・活動報告

「あんしん委員会の基本目標である「安心して住めるまちづくり」を目指し、各種講習会・講演会、研修会・見学会等の事業を積極的に実施しました。

①.伊勢市防災センター見学会 【於:伊勢市防災センター H29.6.18(日)】
 新防災センター内で過去の災害や『どすこいダンス』映像の観賞、消火・避難(煙)・救出(水圧等)の防災体験を学習。また、防災倉庫や指令室の見学を実施した。(参加者46名)
《意見・反省点》
 新防災センターを初めて見た人や、各種の体験を初めてした人が多く、体験したことで防災の意識が高まったとの声があった。来年度も住民参加の計画を行い、防災意識づけをしていきたい。

②.あんぜん講習会 【於:古市参宮街道資料館 H29.9.27(水)】
 「歩行者目線の交通安全」「特殊詐欺の対処法」等について、伊勢警察署員の講師により実施した。
《意見・反省点》
 講習内容や参加者の顔ぶれが同じ人が多く、マンネリ感が否めないと感じた。内容的に変化のある新テーマや参加者に新しい人を集める方法をどうするかが課題である。継続的に実施。

③.震災記念館見学・研修 【於:阪神淡路大震災記念『人と防災未来センター』 H29.11.18(土)】
 阪神淡路大震災について、参加者38名が震災の追体験・震災の記憶展示・防災と減災等について体験し、地震の恐ろしさと事前の備えの必要性を学習した。
《意見・反省点》
 多くの参加者から良かったとの声があったが、語り部の内容が一般住民向けでなく、事前に要望をしておいたほうが良い。また、最初に話をしてもらった方が良いとの意見や、展示スペースをゆっくりと見られる時間が欲しかったとの要望があった。次年度以降も、継続して住民の方々に交代して参加して頂き、防災・減災の意識を高めていきたい。

④.AED講習会 【於:五十鈴中学校多目的ホール H30.1.21(日)】
 各町自治会及び町内会の代表25名の参加者について、伊勢消防署の2名の講師によりAEDの説明と胸部圧迫、使用方法について実習した。
《意見・反省点》
 今後も五十鈴中学校多目的ホールを会場に継続し、多くの住民に体験してもらいたい。当日の参加者には、全員が実施体験してもらえた。継続的に実施。

⑤.防災ニュースの発行 【H30.2.15号の伊勢市広報に合わせ配布】
 防災の基本は「自分の身は自分で守る」が原則ですが、”減災グッズを揃える・非常時に備える”ことについて作成(片面薄紙)し、全戸に配布した。
《意見・反省点》
 昨年度、保存版厚紙両面刷りとしたが、今年度は例年に合わせ、片面印刷とした。が裏面にも何か入れた方が良かったのではとの意見(金額的にそんなに変わらない?)もあり、次年度の参考としたい。

⑥.防災講演会 【於:五十鈴中学校多目的ホール H30.3.4(日)】
 防災アドバイザー(講師:森本宏氏)に「命・家族・地域を守るために」ついて講演をしてもらい、「地震発生~避難所生活」について修道地区の防災・減災対策の意識づけをした。(参加者62名)
《意見・反省点》
 本来、住民参加の防災に対する備え・心構え等の体験等が必要であり、次年度も講師を呼んで実施していくかの検討が必要。過去の災害から学ぶ(防災より減災、寝室は2階へ、避難所のスタッフは女性を3割程度入れる、若い世代を巻き込む等)こと等の貴重な話を聞けたと、参加者からの前向きな意見があった。

⑦.その他
 *プロジェクトの開催(金曜日AM/月1回)は少人数ではあるが、あんしん委員会の審議事項を補完する意味で、成果があった。継続的に実施。(第一水曜日に変更)
 *あんしん委員会の委員について、次年度への継続参加を依頼した。
 *見守り隊をどのような形で、実施していくか。地域全体の取り組みができるか。
 *避難所運営マニュアルはほとんど進捗が無く、継続して検討していくか方向性を見い出してゆきたい。